2017年12月11日月曜日

胃カメラ予約状況

胃カメラ予約状況

○人間ドック(個人・健康保険組合)

○協会健保生活習慣病予防健診

 今年度予定枠終了

 キャンセル空きなし

今年度の予定枠はすべて終了となりました。ご迷惑をおかけいたします。


週末は大谷選手の話題が大きく報道されました。

メジャーリーグでも活躍を期待されています。

赤いユニフォームが似合いますね。

ではまた来週。

2017年12月8日金曜日

早期に受診!前立腺肥大

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

各地で雪が降り、真冬並みの寒さだそうです。インフルエンザも流行しています。人混みには注意して、冬のシーズンも健康に過ごしましょう。

今日は健診の腹部エコーで見つかることも多い、前立腺肥大についてお話します。



前立腺肥大とは


前立腺が何らかの原因で大きく肥大してしまうのが、前立腺肥大症の大きな特徴です。前立腺は生殖や排尿に関係する機能があるため、前立腺が大きくなることでこれらの機能に影響が現れてきます。

特に排尿への影響が大きく、前立腺の肥大によって何らかの排尿障害が現れた状態を「前立腺肥大症」と呼びます。


前立腺肥大症に悩む人の数は、年齢が高くなるにつれて増えています。増え始めるのは50歳を過ぎてから。統計によれば、日本の55歳以上の男性の2割、5人に1人に前立腺肥大の症状があることがわかっています。


  • 症状は?
1.排尿後、まだ尿が残っている感じがする(残尿感)
2.トイレが近い(頻尿)
3.尿が途中で途切れる(尿線途絶)
4.急に、尿意をもよおし、もれそうで我慢できない(尿意切迫感)
5.尿の勢いが弱い(尿勢低下)
6.おなかに力を入れないと尿が出ない(腹圧排尿)
7.夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)

  • 原因は?
なぜ前立腺が肥大するのか、いくつかの仮説はありますが、はっきりした原因はわかっていません。
ただ、加齢と性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていることは確かなようです。前立腺肥大症が50歳以降から増え始め、年齢が高くなるにつれて発症する人が多くなっていくことから、加齢が関与しているといわれています。

  • 治療は?
前立腺肥大症の治療は、症状が軽ければ、まず薬物療法を行います。薬の効果は症状が軽いうちほど高いのですが、放置したまま悪化してしまうと外科的手術が必要になる場合も少なくありません。

薬物療法
・前立腺と膀胱・尿道の緊張を緩める薬
・前立腺を小さくする薬
・その他の薬(漢方薬など)

手術療法
・経尿道的手術
・開腹手術

生活習慣の改善

排尿障害の症状は、日常生活のちょっとした注意と工夫により、ある程度軽くできる可能性があります日頃から排尿状態を悪化させない生活習慣を心がけましょう。

・軽い散歩や運動など適度な運動を
・尿を我慢しない
・適度な水分を摂る、過剰な水分を控える
・アルコールを飲みすぎない
・便秘にならないように
・刺激の強い食べ物は避ける
・下半身を冷やさない
・運転など長時間座った姿勢をとらない



前立腺肥大症は進行性の疾患のひとつとされています。放置することで前立腺は徐々に大きくなり続け、それにともなって症状が悪化することが予測されます。
我慢して治療を受けずにいると、早くから治療を受けた場合に比べ、症状が悪くなったり、合併症を発症したりする率が高くなります。症状を改善してより良い排尿を取り戻すためには、症状が軽い早期のうちに専門医を受診することが大切です。

今日も一生健命  竹田

2017年12月6日水曜日

健康経営の現在(月水拡大版)

皆様こんにちは。

保健師 篠崎です。

今週の月曜日は胃カメラの予約情報の日でしたが、本日ご報告を致します。

情報が遅れて申し訳ありません。

胃カメラ予約状況

○人間ドック(個人・健康保険組合)

○協会健保生活習慣病予防健診

 今年度予定枠終了

 キャンセル空きなし

今年度の予定枠はすべて終了となりました。ご迷惑をおかけいたします。



本日のニュースで2018平昌オリンピックのロシア出場が禁止となってしまいました。

経緯はあるものの、応援している選手たちがオリンピックに出れないのは残念です。

スポーツは厳しくあってこそ人に感動を与えるということですね。


健康経営の現在

健康経営は行政・健康保険組合・企業・団体とその活動は多岐にわたります。

数年前から普及を目的に、健康経営銘柄などの表彰もされるようになりました。

大企業だけの時代ではなく、小規模であってもその取り組みを勧める傾向にあります。

実際取り組もうとすると、「あれ?何するの?」という側面も実はあるのです。

健康経営につながる活動

*日本健康づくり21
*愛媛健康づくり21
*協会健保「健康づくり推進宣言」
*西条市「元気都市西条」
*西条市「健康都市宣言」

身近においてもたくさんの取り組みがされています。

それぞれに似たような目標や指標が設定されています。

企業が取り組む上で、どれを基準に進めたら良いか・・・という問題もあるようです。

当健康管理センターがお勧めしているのは、事業所の現在を知ることからです。

色々なところに指標や目標は書かれていますが、事業所の状況はその場でしかわかりません。

私たちが支援する企業さんには、事業所の状況からお知らせをしています。「健康」に対し効果的な行動目標をご提示させていただいています。

「自社の情報に集中して取り組む」というのも必要ではないでしょうか。

外部で取り組まれているものはすべて参考資料となります。情報収集は教材として活用できます。健康管理センターもツールの一つとして利用可能です。

そう考えると少し取り組みやすいのではないでしょうか。

今後も自営できる健康経営の支援を目指して、情報提供を考えています。




天皇陛下の退位が2019年4月30日に決まったようです。

その周辺は10連休が試算されているようです。時代が変わるのを目の当たりにし、そのとき何を感じるのでしょう。

では次回までお健やかに。 篠崎

2017年12月1日金曜日

今年のインフルエンザ

皆さん、こんにちは。
保健師 近藤です。

今日から12月が始まりました。今年もあと1ヶ月!!
びっくりです。最後も凄い勢いで月日がたつと思いますが、今年を無事に終われるように、残りの1ヶ月頑張りたいと思います。


今日は、流行し始めている『インフルエンザ』について話します。
西条、新居浜あたりでは学級閉鎖や学年閉鎖にもなっている学校もあるみたいです。


現時点(2017年11月17日現在)では、2017~2018年に何型のインフルエンザが流行るかという発表はされてないようですが、検出された病原体についての報告はされています。
現在、検出されているインフルエンザの病原体は、A型/シンガポール(2009年に流行し、当時新型インフルエンザと呼ばれた)、季節性A型/香港(いわゆるA香港型)、季節性B型/プーケット、季節性B型/テキサスです。

インフルエンザAが現在は流行っているそうなので、症状などについて書きます。

●インフルエンザAについて

【潜伏期間】1〜3日
【感染経路】インフルエンザA型の感染力は強く、人から人へと感染していきます。
症状のない潜伏期間にも、知らず知らず人にうつしてしまうこともあり、非常に感染力が強いといえます。
■ 飛沫感染:インフルエンザに感染した人が咳やくしゃみをすることで、空気中にウイルスの入った飛沫が漂い、それを吸い込むことで感染します。
■ 接触感染:インフルエンザの人が咳や鼻水などのついた手でドアノブや電気のスイッチなど触れた場所など触れて、ウイルスが口など粘膜から体内に侵入することで感染します。

【症状】
・高熱(突然の38度以上の高熱) ・悪寒 ・咽頭痛 ・関節痛
・筋肉痛 ・鼻水 ・頭痛 ・咳 ・腹痛 ・嘔吐 ・下痢

■ 重症化のサイン
・けいれん ・呼吸が苦しい ・嘔吐や下痢が続く ・熱がなかなか下がらない
・咳がひどくなる など

インフルエンザにならないために…

1.予防接種を受ける
インフルエンザの予防接種をしてもすぐには、予防の効果はありません。
インフルエンザワクチンを接種してから、1~2週間かけて抗体が作られます。つまり、インフルエンザが流行してから慌てて、 予防接種をしても抗体が間に合わないことがあります。せっかく予防接種を受けても、抗体が出来る前に、感染すると発症します。
それから、インフルエンザの潜伏期間は1~7日間ぐらいと言われてます。
予防接種をして1ヶ月後に抗体の効果がピークになって、3ヶ月後ぐらいから段々と低くなります。
予防接種の効果は一般的に5ヶ月といわれてます。
インフルエンザは毎年12月頃に始まり、1~3月にピークを迎えます。
予防効果がある抗体ができるまでの2週間を逆算すると、 遅くとも12月頃までに接種を終わらせたいところです。

2.手洗い、うがい、洗顔
インフルエンザに感染している人が触ったものには、ウイルスがついている可能性があります。インフルエンザウイスルがついた手で目や鼻、口に触れることがインフルエンザ感染する経路のひとつでもあります。手洗いによって手指についたウイルスを取り除くことは、インフルエンザ予防にとても効果的です。可能であれば顔も洗いましょう。
うがいは風邪の予防に効果があります。インフルエンザだけでなく、風邪を予防するためにも、手洗い・うがいを習慣づけておきたいですね。

3.マスクを着用する
咳やくしゃみからの飛沫(ひまつ)中のウイルスは、インフルエンザの主な感染経路だとされています。マスクをして飛沫を浴びないようにすることが、インフルエンザの感染予防につながります。また自分自身が咳やくしゃみが出ているときにも、マスクをして周囲に配慮するようにしたいですね。

4.ウイルス感染者と物を共有しない
インフルエンザにかかっている人が使ったものにはウイルスが付着している可能性があります。家族がインフルエンザにかかっている可能性があるのであれば、タオルやコップを共用しないよう気をつけましょう。

5.適度な湿度の保持と換気
インフルエンザウイルスは空気が乾燥していると活発に活動するといわれています。室内は乾燥しやすいので、加湿器などを使って50~60%の湿度(50~60%)を保つと良いでしょう。また、ウイルスを室内に蔓延させないためにも、定期的に換気をするよう心がけましょう。
6.休養と栄養バランスのとれた食事
疲れているときや体調が悪いときには、インフルエンザを発症しやすくなります。しっかりと睡眠と休息をとり、バランスのとれた栄養をとることが、インフルエンザ予防につながります。
7.人混みは避ける


インフルエンザにかからず元気でこの冬を乗り切りましょう。
これから、イルミネーションが各地で盛り上がってくる時期ですね。きれいなものを見るのはいいです。



では、皆さんよい週末をお過ごし下さい。
次回まで See you again!!

2017年11月29日水曜日

悩んでいる方が多い片頭痛

こんにちは、山内です。

今回は片頭痛についてお話します。



片頭痛を引き起こす原因はよくわかっていませんが、頭部の血管が拡張して炎症を起こして痛みが発生するのが片頭痛です。

片頭痛は、頭の片側または両側が脈打つようにズキンズキンと痛みます。
月に1~2回とか、週に1~2回の頻度で発作的に起こります。頭痛は、数時間程度のこともあれば3日くらい続くこともあります。
痛みが出ると仕事がてにつかなくなったりと、日常生活に支障をきたすこともあります。
頭痛だけでなく、吐き気や嘔吐、普段はなんでもないような光や音に敏感になったりといった症状を伴うこともあります。

片頭痛は、痛みが起こる前に前兆を伴うタイプと伴わないタイプがあります。
前兆の症状で、「目の前で光がチカチカする」「視野の一部に歯車のようなギザギザしたものが現れる」「視界が欠ける」などがあります。
その症状が5~60分程度続き、60分以内に片頭痛に襲われます。

前兆を伴わないタイプでも、なんとなく頭痛がきそうと感じることがあります。
「だるい」「イライラする」「気分がよくない」「眠気を感じる」「体がむくむ」などの予兆を感じて、その後に頭痛が起こることがあります。

片頭痛が起きてしまった場合、まずは鎮痛剤を飲みましょう。市販薬で治まらない場合は、病院を受診して薬を処方してもらいましょう。
他には、安静にする、冷却シートなどで頭を冷やすのも効果的です。状況に合わせて自分に合った有効な対策を試みて下さい。

片頭痛は、普段と違う生活を続けると起こしやすくなります。
においや光の強い場所、食べすぎや空腹、雨の日なども片頭痛の誘因となります。その人その人でさまざまな誘因があります。
まずは、できるだけ不規則な生活をしないようにしましょう。1日3食きちんと食事を摂り、睡眠不足にならないようにしましょう。


命に関わる危険な注意しないといけない頭痛もあります。
くも膜下出血・・・突然激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴います。

脳出血・・・手足のしびれ・意識障害・ろれつが回らなくなるといった症状を伴い、頭痛が徐々に強くなります。

脳腫瘍・・・頭痛の他に、嘔吐やけいれん・手足の麻痺・言語障害・視力の低下・視野が狭くなるといった症状が現れることが多く、脳に水がたまることもあります。

髄膜炎、脳炎・・・38度以上の熱が出て、うなじのあたりが硬くなったり、嘔吐がみられます。後頭部に強い痛みを感じることが多いという特徴もあります。また意識障害やけいれんを生じることもあります。

頭痛がおさまらない、いつもと違う頭痛の症状がある場合は、病院を受診するようにしましょう。頭痛外来、神経内科、脳神経外科もしくは、かかりつけの先生に相談しましょう。
約40%の方が頭痛に悩んでいるという統計もあり、そのうち70%以上が1度も病院に行ったことがないをいう統計もあります。
適切な治療を受けることで頭痛が軽減し生活の質を改善するために治療やアドバイスを受けることができます。

それでは、またよい1日を。山内



2017年11月27日月曜日

胃カメラ予約状況

胃カメラ予約状況

○人間ドック(個人・健康保険組合)

   3月24日以降 空きあり

 キャンセル空きなし


○協会健保生活習慣病予防健診

 今年度予定枠終了

 キャンセル空きなし


 ご不便をおかけいたします。


週末はブラックフライデーといわれるセールがされていました。

アメリカでは感謝祭後の金曜日に、小売店が売れ残りの割引セールを行い、黒字を出すことをブラックフライデーと言うそうです。

金曜日はブラックやプレミアムと何かと消費を促すようなイベントがされています。

年末も近づきますが、衝動買いに注意ですね。

ではまた来週。

2017年11月24日金曜日

逆流性食道炎の症状があるときは

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

11月も終わりに近づき、日に日に寒くなっていますね。

インフルエンザが流行っている地域もあるようです。うがい、手洗いを忘れずに。

今日は逆流性食道炎についてお話します。

逆流性食道炎とは


酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)を含む、胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を、「逆流性食道炎」といいます。

逆流性食道炎は、下部食道括約筋など食道を逆流から守る仕組みが弱まるか、胃酸が増えすぎることで、胃液や胃の内容物が逆流し、それが食道の中にしばらくとどまるために起こります。



原因は?

  • 脂肪の多い食事・食べ過ぎ
脂肪分のとりすぎや食べ過ぎによって、何も食べていない時に下部食道括約筋がゆるみ、胃液が食道に逆流してしまうことがあります。
脂肪の多い食事をとった時に十二指腸から分泌されるコレシストキニンというホルモンの働きや、たくさんの食事で胃が引き伸ばされることで、下部食道括約筋がゆるむと考えられています。
  • タンパク質の多い食事

タンパク質の多い食事は消化に時間がかかり、胃に長くとどまるため、胃液の逆流が起こりやすくなります。
  • 加齢
加齢とともに下部食道括約筋の働きが悪くなります。また、食道のぜん動運動や唾液の量なども少なくなるため、逆流した胃酸を胃に戻すことができなくなります。
  • 肥満
肥満の人は逆流性食道炎の原因のひとつである食道裂孔ヘルニアになりやすく、また腹圧があがることで逆流しやすくなるとも言われています。

症状は?

  • 胸焼け、呑酸

胸のあたりに焼けるような不快な感じがする胸やけが起こります。
また、酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップがでる「呑酸(どんさん)」という症状が現れることもよくあります。

  • 胸の痛み
胸がしめつけられるような、狭心症に似た痛みを感じることもあります。
  • 咳、喘息

逆流した胃液が、のどや気管支を刺激したり、食道の粘膜を通して神経を刺激したりして起こると考えられています。
  • のどの違和感・声がれ

逆流した胃液で、のどに炎症が起こり、違和感や痛みを感じることがあります。ひどくなると食べ物が飲み込みづらくなったり、声がかれたりすることもあります。

治療・予防は?

逆流性食道炎の薬物治療は、症状を和らげる対症療法が主体です。
くすりで症状を改善させるとともに、日常生活での注意点を守っていくことが大切です。
  1. 脂肪分やたんぱく質の多い食事を摂り過ぎない
  2. 一度に食べ過ぎない
  3. アルコール、コーヒー、紅茶を減らす
  4. 肥満を解消する
  5. 姿勢に注意
日中は前かがみの姿勢を避けましょう。寝る時は少し上半身を高くして寝ると、逆流が起こりにくくなります。
食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。食後すぐに横になったり、寝る前に食事をとることは避けましょう。

逆流性食道炎の症状があれば、医療機関を受診し、検査・治療を受けましょう。
日頃からの予防も大切です。

今日も一生健命  竹田