2017年2月24日金曜日

噛むことの嬉しい効果

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

風が強い日が続きますね。春の嵐だそうです。

また気温は下がるようで、春の暖かい日が待ち遠しいです。

今日はよく噛むことの嬉しい効果についてお話します。

みなさんは毎日の食事で噛んでいる回数をご存知ですか?

ある報告では、現代人の咀嚼回数は1食620回、食事時間は11分というデータがあります。

それに比べ、戦前の食事内容では咀嚼回数は1420回、食事時間は22分と、現代の2倍という報告があります。

現代の食事内容はやわらかく、飲み込みやすいものが多いため、噛む回数が少なくなっていると考えられます。

よく噛むことは良いと言われていますが、どんな効果があるのでしょうか。



肥満予防

噛むという刺激は、脳内の満腹中枢を刺激します。
満腹中枢が刺激されれば、脳からお腹いっぱいという刺激が出始めます。その結果、食べ過ぎを防ぐことになります。

歯や歯茎の病気を予防

唾液には、抗菌・殺菌効果、歯を強化する働きのある成分などが含まれているため、よく噛んで唾液の分泌を増やすことで、虫歯や歯周病の予防効果が増します。
また噛むことで、歯茎が刺激され、血行がよくなります。

認知症の予防

よく噛むことは認知症の予防になるという報告があります。
よく噛むという刺激は、脳内の情報伝達物質を増やして、脳を活性化することが報告されているのです。

認知症は、脳内の情報伝達物質の減少なども原因の一つです。そのため、よく噛むことで、情報伝達物質が増えることにより、記憶や学習能力をつかさどる海馬への刺激も増え、海馬も活性化されることになります。

がんの予防

よく噛むことは、口の中の唾液の分泌を盛んにするといわれています。
そして最近では、唾液の中に含まれる酵素の中に、発がん物質の働きを抑える効果があるという報告もされています。
がんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化、糖尿病、骨粗鬆症予防にも有効だと言われています。

胃腸の負担が減る

口腔内でしっかり消化ができていれば、胃腸への負担が少なくなります。
胃腸の負担が少なくなるということは胃腸がとても働きやすい環境が整い、しっかり動くことができる状態になります。

では理想の回数は?

理想の咀嚼回数は、一口30回、一食あたり1500回以上と言われています。


咀嚼回数を増やすためのポイント


歯ごたえのあるものを選ぶ

根菜類など歯ごたえのあるものを積極的に取り入れましょう。
柔らかく、噛み応えのない食べ物には、歯ごたえのある食材をプラスしましょう。

具材は大きめに切る

野菜は繊維に沿うように切るとしっかり噛まなければならなくなるため、咀嚼回数が増えます。

調理方法を工夫

柔らかく調理してしまうと咀嚼回数は減ってしまいます。
野菜は火を通すより生、肉や魚は煮るより焼く、など歯ごたえがしっかり残る調理方法を選ぶと良いでしょう。

一口の量を減らす

量にかかわらず、一口で噛む回数はそんなに変わりません。一口の量を減らせば食事1回で噛む回数が増えます。

薄味にする

味の濃いものは、味覚を感じやすく、すぐ舌が満足してしまいます。薄味にすることで、より味わおうとするようになるため、噛む回数が増える傾向にあるようです。

食事時間に余裕を

忙しい毎日、時間に追われると、つい早食いになってしまうものです。
食事の時間をゆっくり取るようにしましょう。噛む回数が増えれば、その分食事時間も延びます。

噛むことでいろいろな良い効果があるとわかっていても、習慣になってしまったものを変えるには時間が必要です。

焦らずにまずはいつもの咀嚼回数プラス10回くらいから始めてみましょう。
時間に余裕のある食事の時だけでも意識してみるといいですね。

今日も一生健命  竹田


2017年2月22日水曜日

経営強化セミナー

皆様こんにちは。

保健師 篠崎です。

気温の変化が感じられる1週間となりました。春が来たと思えばやはり冬。

咲いているお花は春らしくなって、少し気分が暖かくなります。コーヒーのパッケージにも早くも桜が咲いています。




経営強化セミナー(大阪)

先日経営強化セミナーを受講してきました。

内容は健診センターのための経営ですが、受診者皆様に喜んで頂ける情報がたくさんありました。

まず健診の動向です。

この5年間で人間ドックを受けた方の数は横ばい。2日コースを受ける方の数は減少しています。
健康保険組合の負担金増額や福利厚生の縮小もあり、高額なドックは年々減少しているようです。

さらに、今後は60歳代の退職者が人間ドックや健診を受ける時代になるようです。

健診を受けない理由は様々ありますが、皆さん「受ける必要がある」とは感じています。

健診を受診できない負の理由を解消する事が、受診率を上昇させるポイントになります。

企業の中でも健診を受けたがらない職員さん、いるのではないでしょうか。

負の理由が存在するということです。

最近ではよくある健康教室ですが、糖尿病やがんよりも、認知症についての内容に皆さん集中して参加されるそうです。
認知症については関心は高いということですね。

当院には認知症看護認定看護師が従事しています。今後研修会開催も視野に入れて企画を検討したいと考えています。

また受診者サービスにおいて、どの施設も待ち時間に対して対策をとっています。

受付時間の調整や検査枠の調整など。

しかし、受診者満足度は待ち時間がたとえ縮小してもあまり変化はないのだそうです。

これには驚きでした。

受診者の傾向として、それぞれに不満が無いか。そして付加価値があるか。ということで満足度は変化するということです。

満足とは頭で理解するものではなく、五感で感じるものだそうです。

目で見えるもの、香り、聞こえるもの全般です。

そう解釈すると、私達が改善できるところはたくさんありそうです。

これから皆様の満足を頂くために、創意工夫をしたいと感じました。

来年度の受診で変化が見られるよう準備いたします。





友人のお誕生日会をかねてお食事へ。

この日は穴子が美味しいということで、にぎりと巻きをいただきました。

一年に一回の当たりだけあって、本当に美味しい。

ごちそうさまでした。

では次回までお健やかに。 篠崎

2017年2月20日月曜日

胃カメラ予約状況

胃カメラ予約状況


○人間ドック(個人・健康保険組合)


○協会健保生活習慣病予防健診


 キャンセル空き無し


 ※今年度の予約枠は終了しています。
  来年度の予約は3月1日から開始いたします。
 
 ご不便をおかけいたします。




いちごのおいしい季節になりました。

今年の収穫は今のところイマイチだそうですが、味は保障付きです。

是非ご賞味下さい。

ではまた次回。



2017年2月17日金曜日

インフルエンザ警報中

皆さん、こんにちは。

保健師 近藤です。

昨日、今日と少し暖かかったですが、また来週からは寒く元に戻るみたいです。

早く暖かくなって欲しいなと思う今日この頃です。

最近、梅の花が咲きはじめてます。家の梅もだいぶ咲いてきました。


匂いもいいにおいで、癒されます。

今年もインフルエンザが流行しています。


全国的に警報レベルで真っ赤に染まっています。愛媛も警報レベルが出ています。今年は、インフルエンザA香港型が流行を見せており、 続いてB型が流行っています。
インフルエンザA香港型は、2014年に流行した型のインフルエンザで、お年寄りや子供で症状が重くなりやすく、大流行しやすい特徴があります。 

今日は、今猛威をふるっているインフルエンザのA型、B型の違いについてお話ししたいと思います。

インフルエンザA型は最も一般的な種類で、
 『インフルエンザ』という言葉で連想するのは大抵がこのインフルエンザA型です。

感染力が強いため、世界的に流行しやすい特徴があります。

唯一、人だけではなく他の鳥・豚・馬などにも感染するインフルエンザで、
よく話題に上がる『鳥インフルエンザ』も、このインフルエンザA型に分類されます。

ウイルス内部で多様に変異するため、
 様々な種類のものが存在しその数144種類。
ただし、人に感染するのはその中の一部のみです。

以下に、インフルエンザA型の特徴をまとめます。

•感染する生き物:人・鳥・豚・馬など
•種類:144種類
•時期:冬場(12月~1月が多い)
•症状:38度を超える高熱、全身の症状
   咳、喉の痛み、鼻水、全身の倦怠感、食欲不振、関節痛
•解熱にかかる時間:1日程度

インフルエンザB型は、人のみに感染するインフルエンザです。

感染力は強いものの、高熱にはなりくく、 
免疫を持った人が多いためA型ほど流行になることはありません。

ただし、自覚しにくい上に、体内にウイルスが残留する期間が長いため、 
身近な人に移してしまう可能性が懸念されます。

また、A型よりも解熱に時間がかかるというのも厄介な点です。

•感染する生き物:人
•種類:2種類
•時期:冬場(2月~3月が多い)
•症状:腹痛などの消化器系の症状、下痢、嘔吐(吐き気)、微熱
•解熱にかかる時間:1日半~2日

インフルエンザを発症した場合は、自宅で安静にして睡眠を十分に取り、高熱が出ている場合には脱水症状を起こしやすいので水分補給も忘れずに摂取するようにしましょう。

皆さんも、今後も乾燥が続いているので、インフルエンザや風邪には注意をして下さい。

最近、大島の亀老山展望公園に行きました。
風が強く、寒かったですがやっぱり眺めのいい場所です。
瀬戸内は穏やかでいい場所だなとつくづく思います。




そして、今週は西条市の市議会議員選挙がございます。
選挙は朝の7時からはじまりますが、一番初めの投票者は投票箱の空の状態を見ることができるらしいです。(投票箱が何も入ってませんという承認者になるため)
うそか本当かわかりませんが、うちのスタッフは行ってみるそうです。真相を確認してお伝えしますね。

では、良い週末を。See you again!!

2017年2月15日水曜日

職場づくりの風土を築く

皆様こんにちは。

保健師 篠崎です。

先週末の寒波は山陰地方に大きく影響しました。交通機能の停止や事故など、もしもの備えが大切だと感じます。

そんな中、幸いにも兵庫県の北部にあるハチ北高原へ行くことができました。

確かに豪雪で立ち往生もありましたが、雪が潤うスキー場は羨ましい限りです。




健康いきいき職場づくりに成功した事例をご紹介します。

富士通株式会社

富士通では、社員とその社員の健康を支える家族も含めて、健康の保持増進事業を行うことが、みんなが安心して働ける風土を築くことに結びつくと考え、社内に人事部から独立した健康推進本部を設置して取り組みを進めています。

健康推進本部内のミッションは、「社員のヘルスリテラシー(自らの健康をケアする能力)を高め、安心して幸せに働ける風土を築くこと」です。

同部内の健康事業推進統括部には、この役割を担う産業保健事業所・健康推進センターとメンタルヘルスサービスセンターがあります。

セルフケアの取り組みでは、全社員対象のストレス診断を実施し、個人に自己認識をしてもらい早期発見に繋げています。

また、結果は事業本部単位で集計され、職場マネジメントの実施の一助として活用されています。

さらに、別枠組みで実施している従業員満足度調査とこのストレス調査を連動した分析も行うことで、「組織アセスメントとストレス診断」を有機的に連動させて施策を検討していくことができるようにしています。

従業員満足度調査をする目的は、富士通グループが大切にすべき価値観である企業指針や社員が積極的に実践すべき行動指針の浸透を図ることにあります。

満足度調査の結果とストレス診断結果との相関が高いことが明確になれば、わが社が改善施策を行っていく上で、健康いきいき職場づくりの取り組みが、ストレス対策以上の重要な取り組みと位置づけられていくことになります。

以上のような取り組みを続けています。

社員との共通理解が、組織風土を築くポイントだと感じました。




旅の楽しみは食事。

日本海でとれたかに鍋。

最近食べた中では一番の美味しさでした。

では次回までお健やかに。 篠崎

2017年2月13日月曜日

胃カメラ予約状況

胃カメラ予約状況


○人間ドック(個人・健康保険組合)


○協会健保生活習慣病予防健診


 キャンセル空き無し


 ※今年度の予約枠は終了しています。
 

  ご不便をおかけ致します。



今回の愛媛マラソンは、川内選手が大会新記録を更新しました。

当院の内科医もアスリート枠で出場し、3時間7分でゴール。

日頃のトレーニングの成果を感じました。

ゴールを目指す多くの選手の姿に感動します。

ではまた来週。


2017年2月10日金曜日

糖質とカロリーの関係

みなさん、こんにちは。

保健師 竹田です。

今日は雪が降ったりやんだりの変なお天気ですね。積もらないと良いのですが。

冷えますので十分暖かくしてお過ごし下さい。




今日は糖質とカロリーの関係についてお話します。
ダイエットされている方もそうでない方も毎日の食事で気になるのはカロリーが高いことや糖質の多さなどかと思います。

そもそもカロリーとは?

カロリーとは、私たちの活動に必要な「熱量=エネルギー」の単位です。
また、一般には、エネルギーそのものを表すのにも使われています。
歩く・重い物を持つなど体の活動や、読む・考えるなど頭の活動、また、何もせずぼ〜っとしている時でも、脳や心臓が活動しているため、カロリーは必要です。

「カロリーが高い」と聞くと、ついつい悪者のように考えてしまいますが、カロリーは生きていく上で必要不可欠なものなのです。

カロリーはどこから発生するのか?

カロリーは、糖質、たんぱく質、脂質から発生します。
ビタミンや、ミネラル(例えば、鉄分やカルシウム)にはカロリーはありません。
それぞれ1gで、糖質=4kcal たんぱく質=4kcal 脂質=9kcalです。
「脂質0」と書いてあっても、カロリーがある食品があります。
「脂質0」とは、「本来入っている脂質を0にして、カロリーを抑えています」という意味であり、カロリーが0という意味ではありません。

糖質とは?

糖質は炭水化物の一種です。
炭水化物の内、ヒトが消化できないものを食物繊維、それ以外を糖質と呼んでいます。
糖質は、糖類=小さな単位の糖(ブドウ糖などの糖が1つ、もしくは2つくっついたもの)と、その他大きな単位の糖(でんぷんなど、糖がたくさんくっついたもの)に分かれます。




糖質制限とは?

現在、糖質制限や糖質コントロールなど、糖質を考えた食事が話題になっています。

肥満や糖尿病のことを考えた食事といえば、従来は総摂取エネルギー量を減らす「カロリー制限」が主流でした。からだに入れるエネルギーを減らして従来通りの活動をする、あるいはもっと積極的に動いてエネルギーを消費するなど、エネルギーを制限あるいはコントロールしてやせる、そしてやせれば、肥満からくる糖尿病の予防や改善にもつながるという考え方です。

これに対し糖質制限は、エネルギー源となる3大栄養素のたんぱく質、脂質、糖質のうち、糖質の摂取量を減らすなど、糖質を制限する、あるいはコントロールすることを狙った考え方です。
その目的は、血糖値やインスリン分泌の動きのコントロール。理由は、高血糖や、それに伴う多量のインスリン分泌は、肥満や糖尿病の誘引になるからです。


糖質制限とカロリー制限の比較

糖質制限の場合、穀類や菓子、甘い飲料といった、糖質を多く含む一部の食品に注意すればよく、カロリー計算は必要ありません。食べる量をあまり気にしなくていいし、従来のダイエット法ではタブー視されがちな肉料理もOK。
しかし、糖質制限には問題も。長期的な健康への影響が未知数なことです。
糖質を減らした分、たんぱく質や脂質を多めにとり続ければ、腎臓や大腸などに過度の負担がかかる可能性があります。

ダイエットや生活習慣病の予防・改善を目的としたカロリー制限が実行できているなら、それはそれでとても良いことです。サルで行った試験では、摂取エネルギー量を3割減らした食事を続けると、がんや心臓病、糖尿病といった老化に関連する病気になりにくくなることが報告されています。
カロリー制限によって長寿遺伝子のスイッチが入り長生きになる、といったアンチエイジング効果も、さまざまな生物で確認されています。



どちらを行うにしても適切な糖質制限、カロリー制限を行わないと、からだにとって有害になる可能性もあります。安全かつ健康的な制限ダイエットを行うことを心がけましょう。

今週末は子供たちとバレンタインに向けて何か作ろうかな、と思っています。
味見しすぎには注意ですね。

今日も一生健命 竹田